Top >  教えて!!赤ちゃんのイベント >  お食い初め(百日祝い)とは?

お食い初め(百日祝い)とは?

子供が、食べ物に一生困らないようにと願って行います。

別名、「箸始め」「箸そろえ」とも呼ばれています。


一般的には、生後100日目に行います。

ですから、「百日のお祝い」「百日記念」などとも呼ばれています。

赤ちゃんの祝い膳を用意し、食べさせるまねをします。


祝い膳は、このような物を用意するのが一般的です。


・鯛などの尻頭付きの焼き魚

・お赤飯

・お吸い物


その他に、赤ちゃんようの果汁なども用意してあげましょう。

離乳食も始まっていますので、赤ちゃん用のスープにしてあげてもいいですね。


最近では、昔よりも儀式を簡単にしている人が多いみたいですね。

必ずしも、その通りにしなくてはいけないというわけではありません。

ママやパパの気持ちで、行ってあげることが大事ですね。


私も息子がいますが、百日記念として写真をとりました。

百日記念用のフォトがあるので、記念になりますよ。

一生に一度しかないので、楽しくお祝出来るといいですね。

         

教えて!!赤ちゃんのイベント

生まれてきた赤ちゃんにとって、全てが初めてです。
そんな赤ちゃんのイベント行事ってどんなことすればいいの?

そんな疑問を持つママに答えて、解説していきます。

このカテゴリ内の記事


出産報告、内祝いって?
お宮参りとは?
お食い初め(百日祝い)とは?
初節句はどうすればいい?
1歳のお誕生日のお祝いは?









Yahoo!ブックマークに登録